ボクシングの練習で怪我をしないために気をつけたいこと

ボクシングはお互いにパンチを打ちあうスポーツですので、怪我の危険性が常にあります。
また試合以外でも、練習で肉体を酷使するため、疲労から怪我もし易くなるでしょう。
ここでは普段の練習で、怪我を未然に防ぐ方法に関して説明します。


1.練習中に考えられる怪我

ボクシングの試合であれば、打たれた部位の骨折や、目の周囲のカットなどが考えられますが、普段の練習ではこのような怪我を負うことはほとんどないでしょう。
とは言え、全く怪我の心配がないというわけではありませんので、練習中に負う可能性のある怪我について考えたいと思います。




まず考えられるのは拳周りの怪我です。
サンドバッグやミット打ち、スパーリングなどで日頃から拳を対象にぶつけるわけですから、当然多少なりともダメージが蓄積されるでしょう。

また、ボクシングは意外にも手と同じくらい足を使うスポーツです。
十分にケアしないと、こちらも疲労の蓄積から捻挫などの怪我を負ってしまう可能性があります。

ボクシングに限らず、スポーツには常に怪我を負う可能性がついて回りますが、正しい対処法や休養によってその可能性を限りなくゼロに近付けることはできます。
練習も大事ですがそれと同等に休養も、ボクシングの上達には重要なのです。


2.怪我をしないために

では、ボクシングの練習中に怪我をしないためにどのような対処が必要でしょうか。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ