伝説のボクサー列伝【日本】編

ここではボクシング界における日本の伝説のボクサーをご紹介していきます。


1.辰吉丈一郎

日本の伝説のボクサーの一人、辰吉丈一郎を紹介します。1970年生まれ、岡山県倉敷市出身。大阪帝拳ジム所属。第50代日本バンタム級、第18代・第24代WBC世界バンタム級王者。

幼少より父親から喧嘩技術を叩き込まれ、やがてそれがボクシング技術の基礎として身についていきました。中学卒業後、大阪に移り住み本格的にボクシングのトレーニングを始めます。

天性のパンチ力とスピードに加え、独特のキャラクターを兼ね備えており、アマチュアで実績を残しながらプロボクサーとしてデビューします。KOで連勝街道を突き進み、ついに当時最年少記録の8戦目で世界王者を獲得します。

しかしながら、網膜はく離などの怪我に見舞われ、順風満帆なボクシング人生ではありませんでした。試合ができない日々が続きました。
その後、あらゆる障壁を越えながら、王座陥落の後に、さらに2度の世界王者に返り咲きます。

ノーガードスタイルから繰り出される強烈なパンチ、目にも止まらぬ連射パンチ、ドラマチックな試合に人々を魅了していきます。

晩年はノーガードスタイルによるパンチのダメージが蓄積し、加齢も相まってかつての動きは見られなくなりました。




今でも現役にこだわっており、生涯プロボクサーを目指し、トレーニングに励んでいます。辰吉のボクシングに対する真摯な姿勢が、ボクシングに興味の無い人々の心も打ち、生きる伝説として日本では非常に有名な、現役でありながら、既に伝説のボクサーの一人です。


2.井上 尚弥

もう一人、日本の伝説のボクサーを紹介します。1993年生まれ、神奈川県座間市出身。第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。第33代WBC世界ライトフライ級王者。第17代WBO世界スーパーフライ級王者。

幼少の頃より父親にボクシングのイロハを叩き込まれ、高校七冠という素晴らしいレコードをひっさげてプロデビューします。やがて最短世界王者奪取、世界最速で2階級制覇を記録しました。

世界王者になるまでも、自分の実力と同等もしくはそれ以上の選手と対戦を重ね、圧倒的な勝利を続けてきました。

今後、世界で最も強い選手との対戦が行われていく予定であり、日本ボクシングファンの期待を一身に背負っています。

ボクシング技術、スピード、パンチ力、ディフェンス能力、試合運び、練習に対する姿勢、全てにおいて非の打ち所が無く、完全無欠の理想的なボクサーです。

まだ絶頂期の現役選手であり、世界王者ですが、既に歴代日本の伝説のボクサーになることが約束されているような選手です。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ