ミット打ちに最適なボクシンググローブ

今回は、ミット打ちに最適なボクシンググローブの選び方を解説していきます。

上達の為にも、自分のレベルと練習法に適したグローブを選びましょう。

1.ボクシンググローブの種類

まず、ボクシンググローブの種類を紹介していきます。

1.オンスグローブ

オンスグローブとは、試合で使われるタイプと同じものであり、重さが6オンス~16オンスまであります。

オンス数が大きいグローブほど、単純にグローブも大きくなります。

オンスグローブには、紐タイプとマジックテープタイプの2種類があります。

紐タイプとは、手に装着した際に手首の部分を紐で縛って固定するタイプのグローブで、プロの試合で使われているものです。

グローブを装着するたびにいちいち紐で結ばなくてはならないので大変めんどうで、また1人では結ぶことができないので誰かに手伝ってもらわなくてはなりません。

そのため、プロの選手が実戦と同じ感覚で練習するためにつかうグローブであり、あまり初心者向けとは言えません。

かっこいいんですけどね。

次にマジックテープタイプですが、紐タイプとは違って短い時間で手に装着することができます。

手に装着してから自分ひとりで固定することができるので、初心者の方におすすめです。

アマチュアの試合では、進行をスムーズにするためにこちらのマジックテープタイプが使われることが多いです。

2.パンチンググローブ

パンチンググローブは、試合やスパーリングでは使用することができない練習用に特化したグローブです。




着脱が簡単であり、価格も安いので初心者におすすめです。

またパンチの感覚をつかむことができるので、趣味でボクシングをやる人だけでなく本気でプロを目指す人にも、上達の為にもおすすめします。

2.ミット打ちに最適なボクシンググローブ

さて、ミット打ちにおすすめのボクシンググローブですが、まず初心者の方にはパンチンググローブをおすすめします。

理由は、着脱が簡単なので楽なのと初心者にはまだないパンチの当て感をつかめるからです。

また、慣れてきたら8オンスのオンスグローブを使用することをおすすめします。

パンチンググローブは、パンチを打った時の感覚を体で覚えられるというメリットがある一方、皮が薄いので拳を痛めやすいというデメリットがあります。

なので、ある程度パンチの当て感がついてきて、プロを本気で目指すのであれば8オンスグローブにシフトすることをおすすめします。

また、12オンス以上のグローブになるとパンチの感覚がつかみにくく、単純に重たいです。

筋力アップや、アマチュアの試合を想定した練習という意味では最適ですが、それ以外だとおすすめしません。

3.まとめ

グローブはジムにおいてある場合もありますが、自分で選んで購入した方が自分に合ったものが使えますし、デザインなども選べるので愛着がわきます。

ネット通販などでも購入できるので、自分に合ったのもを探してみましょう!







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ