ボクシングのプロテストの内容

ここではボクシングのプロテストの内容について説明していきます


1.ボクシングのプロテストとは

プロテストとは日本プロボクシング協会が承認している、日本でプロボクサーになるための試験になります。このテストに合格すればライセンスが発行され、日本でプロボクサーとして認定されることになります。

一般的には1年程度のトレーニング期間を経て受験します。


2.プロテストの内容と受験資格など

プロボクサーのライセンスの内容としてはAからCまで級に分かれており、一般的は一番難易度が低いC級(4回戦以上の試合に出場できる)からの受験になります。

プロテストを受験するにあたっては、下記の受験資格が必要です。

・満17歳から満32歳まで(プロテスト申し込み時に32歳であれば受験可。またボクサーの安全面を考慮して、37歳の誕生日と同時にライセンスは失効になります)
・コミッションドクターによる健康診断に合格した者*B型肝炎、頭部CT検査など)
・受験地における各地区ボクシング協会加盟ジムに所属している者
・著しく視力が悪くない者(極度の禁止や弱視などは網膜はく離との因果関係から受験が認められない場合もあります)
・その他指定の書類の提出(申込書、承諾書、受験料の支払い証明書など)




プロテストは東京では毎月行われており、筆記試験(プロボクサーとして当然知っておくべきルールなどの基本的問題)、実技試験(1ラウンド2分30秒のスパーリング2ラウンド)の2つの試験によって審査されます。

実技試験のスパーリングは相手を倒せば良い、というものではなく、基本的なボクサーとしての動き(フットワーク、基本的な攻撃、ディフェンススキルなど)の内容を審査されます。

そのため、例えノックアウトされてしまった場合でも、しっかりとしたスキルを持っていることを示せれば合格します。

スタミナも見られますので、しっかりと手数を出して、尚且つ2ラウンドの間パンチを打ち続けてもばててしまわないようにしっかりと体力トレーニングをしておく必要がります。

また、フックやアッパーなど、接近戦で尚且つ難しいパンチを打つよりも、基本のジャブやストレートのワンツーをしっかり出せるか、基本技術の内容を見られる傾向にあるようです。

また、プロの試合とは違って実技試験は14オンスのグローブとヘッドギアを着用します。

特例を除いて最後の試合から5年経つとライセンスは失効します。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ