ボクシングのプロテストに合格するための練習メニュー

ここではボクシングのプロテストに合格するための練習を紹介します。
プロテストは2ヶ月に一回、筆記テストとスパーリングによって行われる、プロボクサーのライセンス取得のための試験です。
ボクシングでプロを目指すなら誰もが最初に目指す目標です、合格に向けて練習を重ね頑張りましょう。


1.プロテストとは

ボクシングのプロテストは、JBCに加盟しているボクシングジムに所属した健康な17~32歳の人であれば、誰でも受けることが出来ます。
この「健康」という点は、JBCのコミッションドクターによる診断が必要となるので、受験を考えている人は覚えておくと良いでしょう。

試験は筆記試験とスパーリングよって行われ、どちらも合格基準を満たす必要があります。
また、スパーリングは受験者の能力を見るもので、両者の優劣を決めるものではないという点も注意しましょう。


2.合格のために

プロテストの筆記試験に関してはさほど難解な問題はなく、ボクシングの基本的な知識さえあれば合格基準を満たすことも可能でしょう。

ライセンス取得のための合否は、スパーリングの内容によって大きく左右されますが、特に注意深く見られる点は基礎が出来ているかどうかです。




もしかしたら、スパーリングで相手を倒したり、レフェリーストップになるまで優勢に立てば合格できる、という印象があるかもしれません。
しかしたとえどんなに優勢に立っていてもパンチがオープンブローであったり、ガードが疎かであったりすれば、合格基準を満たすのは難しいでしょう。

プロテストに合格するには、まず何よりも基礎練習をしっかり積み重ねることが大事になってくるのです。
まずはボクシングの基礎をしっかり体で覚え、テストに合格する。
ボクシングの強さを競うのはその後です。


3.テストに向けての練習

テストに合格するためには日頃からの練習の積み重ねが大事です。
一人で行う練習のほか、スパーリングやマスボクシングなどの対人練習も積極的に行い、テスト当日に備えましょう。

ボクシングの試合の直前は、既定の体重に向けて減量しなくてはならないため練習量や練習の質も落とすことがあります。
ですが、プロテストには体重制限がなく、スパーリングの相手も自身と体重が近いものと組まれるため減量の必要はありません。
テスト当日も、あくまで練習したとおりに自分の実力を発揮するようにしましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ