ボクシングのブロッキングが上達する練習メニュー

ボクシングにおけるブロッキングとは、接近戦で特に効果を発揮する、ディフェンスのテクニックの1つです。

使う機会の多いディフェンスでもあるので、しっかり練習してマスターしておきましょう。


1.ブロッキングの基本的なやり方

ブロッキングは、自分の肩や肘などを使って相手のパンチを文字通り「ブロック」する、ボクシングの防御の基本と言うべきテクニックです。

前からのパンチを防ぐ場合は、ガードを高くして、顎やこめかみなどの急所が集まっている顔面を守るようにします。

指の第1関節と第2関節の間を額に当てて、肘を前に出すようにしますが、この時に肘が上や横に出ないように注意しましょう。

腕を体と平行にして、腕の間から相手のパンチが入ってこないようにすることも大切です。

手首の辺りで相手のパンチをブロックできるのが、ベストです。

また、相手のパンチから目を反らさず、しっかり見ることも重要です。

ボクシングでは、防御からすかさず攻撃に移れることが大切です。

相手のパンチを見ていないと避けることができないし、危険を伴いますので、ボクシングの上達のためには、これは練習の時から絶対に意識しなければならないことです。

パンチが見えなかったとしても、動きながら相手を見ることで、「目力で相手を威圧する」という効果も期待できます。





2.ブロッキングのバリエーション

ブロッキングにはこの他にも、いくつかのバリエーションがあります。

ショルダーブロックは、左手でジャブを打った直後、その左手を引いてガードに戻すのが間に合わない時に、急所である顎を肩で隠すようにガードします。

前に出した方の肩と反対側の手が下がりやすくなるので、反対側のガードを必ず顎の横に付けることを忘れないようにしましょう。

またエルボーブロックは、主にボディへのパンチを肘で止める防御の方法です。

この時に肘だけでなく、膝も曲げて腰を落とし、すぐに次の攻撃に移れる体勢を整えることが大切なポイントです。

ちなみに、肘で相手の攻撃を止めることは特に問題ありませんが、ボクシングでは肘を使って相手を攻撃することは反則となり、厳しく減点されますので、練習の段階から注意しましょう。

いずれにせよ、ブロッキングが有効となるのは、接近戦の場合が多くなります。

相手のパンチを意識して、かわすところはかわし、なおかつ反撃のチャンスも見逃さないということを、スピーディーに行うことが重要です。

そのためには、ディフェンスもしっかりと反復練習を行い、反射的に動けるようにして上達を目指していきましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ