ボクシングのフットワークで重要なつま先の使い方

ボクシングにおいて、パンチやディフェンスの技術と並んで重要とされているのが、フットワークです。

しかしボクシング初心者の中には、フットワークのコツがなかなか掴めないという悩みを持つ方も多くいます。

そこで、フットワークの上達のポイントの1つであるつま先の使い方を見てみることにしましょう。


1. フットワークは、跳ねるようなステップではない

ボクシングのフットワークとは、ピョンピョンと跳ねるようにステップを踏むことだと考えている方がいるかと思います。

しかし、前後や左右に動く時には、両足が同時に床のキャンバスから離れてはなりません。

地に足をつけず不安定な状態でパンチを受けると、踏ん張りが効かず、いとも簡単に倒されてしまうからです。

フットワークは基本は「すり足」で、滑らかにステップを踏むことを心掛けましょう。


2. フットワークでのつま先は?

さて、そこでフットワークでのつま先の使い方です。

まずはボクシングの基本の「オンガードポジション」から始めます。

フットワークはここから、左足と右足が同時に前へ移動しているように見えます。

しかし、テンポが速いためにそのように見えてはいますが、実際には下記のようになります。




左足を最初に出して前へ進む場合は、リングの床のキャンバスを足の裏でこするようにして左足を1歩前に出し、更に後ろの右足も同じ歩幅分、左足に引き寄せます。

この時、普通に歩いたり走ったりする時と同じように、まずは右足のつま先へ力をかけ、続いて左足を前へ滑らせるように移動させ、それから右足を同じ距離だけ滑らせるように引き寄せる動作を行っています。

こうして、前後の足の間隔は変わらないままで前進していくことができます。

最初に出るのは左足ですが、そのために後ろの右足のつま先が、非常に重要な役割を担っているというわけです。

実際のボクシングのフットワークは軽快なスピードで行われますが、右足の力の掛け方を大きくすることによって、そのスピードは実現することができます。

そして右足は、左足を前へ出したら、すぐに引き寄せましょう。

このようにしてポイントを押さえて練習していき、上達してくると、両足がほぼ同時に前へ移動しているように見えるようになります。

それによって、先述したように「左足と右足が同時に前へ移動している」と思わせるような動きになるのです。

しかし、見た目だけで動きを真似すると、間違った癖を身に付けることとなり、結果自分に不利になってしまいますので、ボクシングの上達のために、まずは正しい基本動作を身に付けるようにしましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ