ボクシングの試合前日におすすめの練習メニュー

ここではボクシングの試合前日におけるおすすめの練習メニューについて説明していきます。


1.ボクシングの試合の前日

ボクシングは他のスポーツと違い、格闘技の中でも試合前の緊張度は肉体的にも精神的にも極限状態になっています。

体重別による階級性のスポーツであることから、試合前日まで減量・練習を強いられ、尚且つ実際の試合では、脳や内臓をはじめ、顔面に著しい損傷を受ける可能性もあるため、精神的にも肉体的にもかなり覚悟が必要になるからです。

そのような状態である試合前日は、個人差はありますが基本的にはできる限り身体を休めて、精神的にもできる限りリラックスできる環境で過ごすことが大切です。

勝敗や怪我のことを心配するあまり、試合前から精神的に疲れてしまったり、極度の緊張によるパフォーマンスの低下を招く結果につながることもあります。

また直前に不安になって激しいトレーニングをしてしまうと、筋肉疲労や万が一の怪我の恐れがあるのでおすすめしません。


2.ボクシング試合前日の練習メニュー

試合前日は減量で栄養不足になっている身体を立て直すことから始めましょう。栄養管理もボクシング上達のための一環のトレーニングです。

試合の時のエネルギーに直結する炭水化物を多く摂取するように心がけましょう。それは白米であったりパスタであったり、消化の良いものを選ぶ必要があります。




一気に摂取するのではなく、時間をこまめに分けて食事をしましょう。また、水分をできる限り多く摂取しておくことも必要です。まずは身体をできる限りエネルギー満タンにすることろから試合の準備を進めます。

次に身体のマッサージを行い、全身の筋肉をリラックスさせます。今まで積み重ねた練習により疲れている筋肉や精神状態から来る緊張状態によって、筋肉がカチカチになっていて血流が悪くなっていることがあります。

自分でマッサージすると疲労してしまうので、ジムのメンバーやマッサージ屋などでしっかりとほぐしてもらいましょう。

軽いミット撃ちや、シャドーボクシングなどの練習は試合前日というよりも、試合当日の直前に身体をほぐす意味でやる必要がありますが、試合前日は全てのトレーニングをシャットアウトし、イメージトレーニングに集中することが大事です。

試合前日に激しい練習をしたところで技術やパンチ力が大幅に上達するわけではないので、まずは落ち着いてイメージトレーニングをすることが大切です。

どのように試合を組み立てていくのか、今まで練習してきたどの動きを実践するのか、相手の攻撃はどのようなものが来るのか、パターンを何種類も想定して繰り返し頭に叩き込んでおきます。動きの確認程度の運動は大丈夫です。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ