コンビネーションディフェンスのやり方 | ボクシングが上達する練習メニュー

ボクシングは、「攻撃」と「防御」をセットにして練習していく必要があるものです。

どちらか1つだけでは、「攻撃するだけ」「防御するだけ」で終わってしまいます。

そこでボクシングの上達のためには、ディフェンスもパンチと同じように「コンビネーション」つまり組み合わせた技として練習していきましょう。


1.いくつかのディフェンスの技を組み合わせる

ボクシングは、攻撃だけが上手でも、防御だけが上手くても、勝つことはできません。

「防御は最大の攻撃」であり、「攻撃は最大の防御」です。

パンチの威力を高めるのにコンビネーションが有効なように、ディフェンスも複数を組み合わせたコンビネーションで行うことで、防御するだけでなく、すぐに次の攻撃に繋げられるようにしていきましょう。

代表的なコンビネーションディフェンスの例を挙げるならば、ダッキングとウィービングの組み合わせがあります。

ダッキングは、相手がパンチを出す瞬間に軽く膝と腰を曲げて上体を低くして、相手のパンチをかわすディフェンス技術です。

ウィービングは、左右に体重を移動させることで相手のパンチをかわし、相手に的を絞らせないようにするテクニックです。




この2つを組み合わせると「ダック&ウィーブ」と呼ばれるコンビネーションディフェンスとなり、上下左右に上体を動かして相手の攻撃を防ぎ、なおかつ攻撃に移る体勢にも持っていきやすくなります。

この他にも、相手のパンチを叩き落とすパーリングをしながらウィービングをする、またはスウェーバックで上体を後ろに引きながらパーリングで相手のパンチを叩き落とすなどのコンビネーションがあります。


2.コンビネーションディフェンスの練習方法

コンビネーションディフェンスをマスターするためには、まずはそれぞれのディフェンスの動作を練習しましょう。

そして慣れて上達してきたら、その2つを合わせたコンビネーションの練習を取り入れていくのが良いでしょう。

ディフェンスの練習をする時は、2人1組になって行う事をお勧めします。

そして、どのパンチが来るかあらかじめ分かっている状態で、それに対応できるディフェンスの動作を繰り返し練習しましょう。

何度も繰り返し反復練習を行うことによって、ディフェンスの動きが条件反射的にできるようになれば、ボクシングの実際の試合でも状況に応じたディフェンスができるようになっていきます。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ