ボクシングの左フックが上達する練習メニュー

ボクシングにおける左フックは、ストレートや右ストレートと同じように、KO勝利に結びつくことの多い、威力のあるパンチの1つです。

「プロのボクシングの試合でのKOの、70パーセントは左フック」と言われることもあるくらい、KO率も高いパンチですので、ぜひ練習して、上達に繋げていきたいものです。


1. 左フックの基本定な打ち方

左フックも右フックと同じように、基本のオンガードポジションで、顔は正面、つまり相手の方を向いた所から始めます。

そこから身体を左側、つまり反時計回りに回転させながら、体重を左足に乗せ、左腕を開きます。

この時に、左の脇が開かないようにしっかりと締めましょう。

その反動を使って、身体を逆周り、つまり時計回りに回転させ、その回転と連動させて左腕を90度に傾けます。

この時の腕は、丁度腕時計を見るような形になります。

そこから、自分の顔を中心に弧を描くように、左の拳を振り抜きます。

パンチを打ち終わったら、すぐに最初のオンガードポジションに戻すことを、忘れないようにしましょう。


2. 左フックの練習方法

ボクシングのどのパンチにも共通して言えることですが、左フックも全ての動作をバラバラにせず、一連の流れとして行うことが大切です。




パンチは腕だけで打つのではなく、必ず腰や爪先の回転と連動して行います。

左足で地面を蹴り、腰を回転させて、その下半身の回転と体重移動を使ってパンチを打ち込むことで、パワーのあるパンチが生まれます。

この連動がおろそかになると、せっかくのKOに繋がるパンチも、威力を発揮することができません。

最初は鏡の前などで、1つ1つの動きを確認しながら練習し、ある程度上達してきたら徐々にスピードを上げ、最終的には一連の動作を素早くスムーズに繋げていけるようにしましょう。

この下半身の動きの連動は、フック以外にも左右のパンチを繰り返し打つ時には、共通の基礎となる動きですので、繰り返し練習して上達を目指していきましょう。

そしてパンチを打つだけではなく、打った後の防御も忘れないようにしましょう。

右フックと同じように、左フックも最初に左の腕を引く時に、肘が身体から離れやすくなります。

強力なパンチを打っても、その時に顔周辺のガードが甘くなって、かえって相手から反撃のパンチをもらってしまうのでは、意味がありません。

「パンチを打ったら、すぐ防御の基本姿勢に戻る」ということ練習も、同時に行っていきましょう。

それにより、ボクシングの幅も大幅に広がり、上達にも繋がっていきます。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ