ボクシングが強くなる実践形式の練習メニュー

ここではボクシングが上達する、実戦形式の練習を紹介します。
ボクシングは対戦相手ありきなスポーツですから、上達にはやはり実際に闘うことが必要になってきます。
実戦の場数を踏み、よりボクシングが上達するよう頑張りましょう。


1.実践的な練習

実戦形式の練習には、スパーリングとマスボクシングがあります。
スパーリングは、ヘッドギアの着用し12オンス程度の大きなグローブを使うって行う、ボクシングの練習試合のようなものです。
練習とは言え実際にパンチを当て、また打たれる練習なのですが、これを寸止めで当てないように行う練習がマスボクシングで、当てないとは言っても、実際に打たれることを想定し、避け方や防ぎ方などの動きを練習するのが目的です。

どちらも行う前に自分の中でテーマや目標を定めることで、より一層ボクシングの上達に繋がる練習になるでしょう。


2.より実践的な練習

頻繁に行える練習ではありませんが、所属するジムの中で同じ選手を相手に行うのではなく、他のジムに出稽古に行ってスパーリングを行うと、実戦形式という面でより効果が期待できる練習となるでしょう。




勝手知ったるいつものジムとは違う環境でのスパーリングは、緊張が良い刺激になったり、自分の改善すべき点などもより発見しやすくなるはずです。
試合にむけてこのような質の良い練習を繰り返すことは大変効果的です、機会があれば積極的に行いましょう。

また、ジムの内外いずれのスパーリングにおいても、動画を撮影しておくなどすると、後で見返し、課題を見つけやすくなるためお勧めです。


3.実戦形式の練習の注意点

まず注意したいのが怪我です。
実戦形式ということで、パンチを打たれますし、怪我の危険性も増します。
あくまで練習であるという意識は常に持つようにしましょう。
またコンディションが良くないと感じた場合は無理をして行わないようにしましょう。

怪我の予防に関して、ヘッドギアやマウスピースなど自分に合った道具選びもなかなか重要なものです。
特にマウスピースは市販の安価なものもありますが、プロライセンスを取り、試合なども行っていくのであれば、早めに歯科医に相談し作ってもらうことを考えの一つにしても良いかもしれません。

練習とは言え危険の伴うものが多いので、怪我にはいつも以上に注意を払って、練習を行いましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ