ボクシングで大切な反射神経の鍛え方

ここではボクシングに重要な、反射神経を鍛える練習メニューを紹介します。
反射神経は、その人が持って生まれた先天的な要素もありますが、練習を繰り返し行うことで後天的に養うこともできます。
反射神経を鍛えることがボクシングの上達にも繋がるので、日々の練習を頑張りましょう。


1.ボクシングに必要な反射神経

ボクシングはほんの一瞬の差で勝敗が左右されるスポーツです。
相手の隙に瞬時に反応してパンチを打ち、また、相手の動きに瞬時に反応してパンチを外す。
ボクシングではこうした応酬が絶えず繰り返されるので、相手の動きにいかに早く反応するかという反射神経がどうしても重要になってきます。

反射神経は、もともと持って生まれたという人もいますが、練習によっても鍛えることが出来るものです。
毎日の練習を積み重ねて、相手のパンチをしっかり見て外したり、相手の隙を見逃さない目を養いましょう。


2.目を鍛える前に

相手の隙を見逃さない目や、相手のパンチをしっかりと捉える目は、スパーリングなどの実践的な練習メニューを繰り返し行うことで培われます。

全くの初心者であれば、人から殴られるのは怖いはずですから、当然目を瞑ってしまうこともあるでしょう。
これは人間の防衛本能ですし当然の動作なのですが、ボクシングの練習は、この本能をねじ伏せるためのものでもあります。




始めのうちはまず、ガードを高く上げてパンチをブロックすることから始めます。
次第に、ブロックの隙間から相手のパンチをしっかりと見て、大きなパンチの振りに合わせて、躱しながら距離を詰めたり出来るようになるでしょう。
やがて、相手のパンチに対してブロックではなくパーリングで捌けるようになったり、スウェーやスリッピングで躱せるようになったりと、パンチに対する恐怖心が減ってくるはずです。

ボクシングではまず、相手のパンチをしっかり見る必要がありますから、この恐怖心を取り除くということが反射神経を鍛えるうえで、ひいてはボクシングを上達させるうえでの大事な一歩になります。


3.勘を鍛える

ボクシングにおける反射神経を鍛えるには、対人練習でしっかりと相手を見ることで徐々に鍛えられていきます。

反射神経を鍛えて相手の隙を見逃さないことであったり、相手のパンチをしっかりとらえることであったりというのは、言うなれば勘を鍛える、とも言えるでしょう。

対人練習や試合などの実戦経験を積めば、「相手のガードがこうあるから、だったらこう打てば当たる」当て勘であったり、「相手の肘が動いた、じゃあこう打ってくるな」という風な、避け勘が鍛えられてきます。

相手のちょっとした動きを見て、その後の動きを察知できる目を持つことで、ボクシングの幅は広がり、上達を実感できるでしょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ