家でできるボクシングが上達する練習メニュー

ここでは家でもできる練習メニューを紹介します。
縄跳びや鏡、鉄アレイなど、ある程度の道具は必要ですが、日々の基礎練習を欠かさぬよう、上達に向けてこつこつと努力しましょう。


1.家でできる練習

縄跳びやシャドーボクシング、ウェイトトレーニングなどは、ボクシングジムに足を運ばなくても家で簡単に行うことが出来ます。

これらはボクシングの基本動作を身につける練習です。
上達のためにも何度も繰り返し、入念に行いましょう。


2.それぞれの練習方法

ボクシングジムのサンドバッグやパンチングボールなど、特別な設備がない場合でも行える練習について説明します。


2-1:縄跳び

幼年期に誰しもが一度は遊んだことのある縄跳びですが、意外にもこれがボクシングの練習に大きく役立ちます。
3分間絶えず足を動かす持久力、左右への体重移動、リズム感など、ボクシングにおけるフットワークの大切な要素を養うことが出来るのです。

縄跳びを行う際は両足で跳ぶのではなく、左右の足に交互に体重をかけ、タンタン、タンタン、とリズミカルに跳ぶようにしましょう。
一定のリズムで跳ぶことに慣れたら、ラウンド中に数十秒間二重跳びをしたり太腿を高く上げて素早く跳ぶなどして、緩急をつけて跳ぶと持久力の強化により一層効果的です。


2-2:シャドーボクシング

シャドーボクシングはボクシングの基本練習の代表と言えるメニューです。
基本動作が身体に染みつくようにしっかり行いましょう。




シャドーボクシングには二通りの方法があり、鏡の前で動きをチェックしながら行うものと、実際のリングの広さや対戦相手を想定して行うものとがあります。
まずは、基本動作をしっかりと覚えるためにも鏡の前で反復して行うこと上達のポイントです。
家で行う際は全身が映る鏡を使って、動きをチェックしましょう。

基本動作がしっかりと形になって来たら、次はリングや対戦相手をイメージしながら行います。
鏡の前ではその場から動かずにパンチを打ちましたが、今度は相手を追いかけるために前進しながら打ったり、リングの中央を中心に円を描くようにフットワークを使ったりと、より実践的な動きをイメージしながら行うと良いでしょう。


2-3:ウェイトトレーニング

ボクシングに限らず、家で日頃からウェイトトレーニングをしている方は多いと思います。
ウェイトトレーニング、いわゆる筋トレですが、ボクシングおいて硬く大きな筋肉をつけることはあまり望ましくありません。
柔軟でしなやかな筋肉をつけるため、素早く行うように心がけましょう。

筋トレでまず最初に思い浮かぶのが腕立てです。
腕立てによってパンチ力の強化が期待できますが、主に背中と胸に負荷をかけるように行うとより効果的です。

腹筋は相手のボディブローに耐える際に重要です。
上体を起こす腹筋運動に加え、メディシンボールを落とすなど、実際のボディブローを想定したトレーニングも効果的でしょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ