縄跳びの跳び方 | ボクシングが上達する練習メニュー

ここではボクシングが上達するための縄跳びの飛び方について説明していきます。


1.ボクシングにおける縄跳び

ボクシングの練習における縄跳びは通常の縄跳びとは違って、リングの上でボクシングをしている自分にどのような跳び方が効果的なのか考えて行う必要があります。

一般的にボクシングのトレーニングで行う縄跳びはロープスキッピングと言われています。

負荷をかけるために、重たいロープもあれば、軽いロープもあります。初心者の方は軽いロープを選ぶと良いでしょう。

縄跳びの練習を正しい飛び方で行えば、心肺機能、ステップをつかさどる足首強化、スナップをつかさどる手首の強化につながり、ボクシング技術の向上、上達に役立ちます。


2.縄跳びの練習方法について

縄跳びの練習を行うときは、あくまでもボクシングのリングの上での戦いを想定しながら、試合時間3分、1分休憩の繰り返しを意識しながら行う必要があります。

ただ単純に飛ぶ動作を繰り返すのではなく、ゆっくり跳んだり、速く跳んだり、時には二重跳びをしたり、とロードワーク同様にバリエーションを持たせるようにしてください。

ステップについても、ずっと同じ位置で飛び続けるのではなく、足の位置を少しずつずらしたり、広げたりすぼめたり、交差させたり、途中で色々変えてみてください。




前回の説明にありましたが、ボクシングはアマチュアの試合でも3分3R、つまり9分間ひたすら動き続ける体力が必要になります。

その中で、息を止めてひたすらパンチを連打する場面も出てくれば、相手の出方を見ながら流すようにリングの上をステップして動き回るなどの場面もあります。時にはグローブを高く上げてじっと待っているときもあります。

つまり単調な動きのスポーツではないため、様々な動きの想定を練習の中に取り入れる必要があります。

まずはアマチュアの試合を想定して最低3分3Rを各ラウンドに1分間のインターバルを入れながら縄跳びをしてみましょう。

また、縄跳びの飛び方として、正しい姿勢を保って練習することが大切です。常に顎はしっかりと引いたまま、踵は地面に付けずに跳びます。

縄跳びは身体に大きな負担がかからず、尚且つ場所を選びません。雨の日でもいつでも少しスペースがあればできる練習です。

ウォーミングアップにもなるので、どの練習よりもまず最初に行う癖をつけると良いと思います。

繰り返しになりますが、継続してこのような基礎的な効果的トレーニングをすることが、初心者が上達していくための何よりの近道になります。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ