シャドーボクシングのやり方とインターバルの取り方

今回は、シャドーボクシングのやり方とそのインターバルの取り方について解説していきます。

上達する為にも効果的な練習をしましょう!

1.シャドーボクシングとは

シャドーボクシングとは野球でいう素振りのようなもので、1人でパンチを打ってフォームやコンビネーション、ディフェンスの確認をするものです。

初心者が一番最初にやる練習でもあり、超1流のプロボクサーでも毎日やる練習です。

なので、ボクシングではもっとも基本的な練習であり実は奥が深いです。

2.時間の使い方

まず時間ですが、シャドーボクシングは1ラウンドの3分間(ジュニアは2分間)をやった後に1分間のインターバルを取ります。

これは、実戦を想定したものであり試合での1ラウンドの時間とインターバルの時間をしっかりと体で覚えましょう。

なので、インターバルが長すぎたりするのはダメです。

ですが、あえて回復力を鍛えるためにインターバルの時間を短くするジムもあります(40秒など)

3.やり方

さて、インターバルの使い方を理解しましたら次はシャドーボクシングのやり方です。

まず、何も考えずにただ3分間パンチを打ち続けるのはやめましょう。




これはどの練習にも言えることですが、常にその練習のポイントを意識しましょう。

初心者の場合は、まずきちんと鏡の前でパンチのフォームを確認し、1発1発丁寧にパンチを打つようにしましょう。

パンチのフォームがしっかりと固まってきたら、次は実戦を想定してシャドーボクシングをやりましょう。

まずは、相手がいることを想像します。

相手を想像しながら、距離を取りディフェンスをして、その状態からカウンターやコンビネーションをするイメージトレーニングをしましょう。

4.まとめ

このように、常に距離の取り方やディフェンス、攻撃の仕方やインターバルの時間などを意識してシャドーボクシングをすることは、実戦感覚が鍛えられ、ボクシング上達のためのとても大切な練習です。

シャドーボクシングはできればリングと同じ広さがあるスペースでやるのがいいですが、わずかなスペースでもできるので練習の日にやるのはもちろん、できれば練習のない日にも家でやるのが望ましいです。

初心者の方は鏡の目で何度も何度もパンチを打ち、フォームを固めましょう。

世界チャンピオンでも、鏡の前で何百万、何千万とパンチを打って強烈なパンチを手に入れています。

地味な練習ですが、上手くなるためにも手を抜かずに毎日頑張りましょう!







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ