シャドーボクシングで強化するハンドスピード

ここではシャドーボクシングでハンドスピードを強化する方法について、練習メニュー含め説明していきます。


1.スピード重視のシャドーボクシング

まず、シャドーボクシングにおいてスピードの重要性として上げられるのが、ジャブ、そしてジャブから繋がるコンビネーションの移行のスピードです。

攻撃を一つ一つ独立して考えるのではなく、ジャブ・プラス・ワン、ワンツー・プラス・ワンのプラスの期間をいかに短く短縮できるか、を意識しながらシャドーボクシングを行うことが大切です。

この部分のスピードを強化することによって、パンチ全体のハンドスピードがコンビネーションとして上達するため、非常に効果的です。


2.ハンドスピードアップのための練習

ジャブを打つ時は他のパンチとは違い、身体の軸をしっかりとさせている状態で、腰は使わずに肩と腕、拳だけを使って打ち込みます。

シャドーボクシングでハンドスピードを考えた練習をする際は、ある程度強い攻撃力のあるパンチを最後まで打ち抜くことはせずに、少し手前で引き戻すことに重点を置きながら練習してみましょう。そうすることによって、次の攻撃までの間合いが減り、連動した動きがよりスピードアップされます。




また、1Kg程度の鉄アレイを持って、負荷をかけてシャドーボクシングをしてみましょう。
決して腰や肩に力が入り過ぎないように、スピードを意識して行います。これを繰り返すことによって、自然とパンチにスピードを載せるための筋力アップにも繋がっていきます。

また、時には拳も握らず、打つ標的も絞らず、肘は軽く曲げたまま、腰や肩を入れるだけのパンチ(拳を前後左右に突き出さない)を連射で繰り出す、という練習方法があります。

呼吸を止めて、できる限り最大数のパンチを繰り出します。フットワーク、足踏みをパンチを繰り出すのと同じリズムで行うとバランスが取れて連射パンチを出しやすくなります。

最後に鏡を見ながらのシャドーボクシングについてです。ここで鏡を見ながらシャドーボクシングでパンチを繰り出し、そのくらいのスピードが出ているのか自分の目でも確かめるようにします。

自分ではかなりのスピードでパンチを繰り出していると思っていても、実際鏡に映るパンチのスピードが遅く見えるときがあります。

ここで自分がより満足いくスピードでパンチが出せるようになっているか、日々確かめながらパンチを打ち込み、ハンドスピードの上達具合を確認するクセをつけるようにしましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ