ボクシングのアッパーが上達する練習メニュー

アッパーというパンチには、左アッパーと右アッパーがあり、どちらもボクシングの中では、特に接近戦で威力を発揮するパンチです。

同時に、難しいパンチの1つでもあります。

上達のためには、ポイントを押さえて繰り返し練習しましょう。


1.左アッパー

アッパーを打つためには、まずはオンガードポジションと呼ばれる基本姿勢から、膝を曲げて重心を落とします。

顔は真っ直ぐで、重心は左足に乗せておきましょう。

そこから脇を締めたまま左肘を後方に引き、膝のバネを使って伸び上がりながら、左腕を下から上へ突き上げるようにしてパンチを打ちます。

この時に、手ではなく方でパンチを打つようにイメージし、上側の前方(つまり相手の顔)へ突き出すように打つのがポイントです。

腰と左のつま先もパンチと連動させ、時計回りに回転させましょう。

また、パンチを打ち終わった後も大切です。

打ち終わったら、すぐにオンガードポジションに戻るようにしましょう。

そして、常に顎を引き、肩で顎をガードすることを忘れずに。

せっかく威力のあるパンチを打っても、そこでガードが甘くなってしまうと、逆にパンチをもらってしまうことになりかねません。


2.右アッパー

右アッパーも左アッパーと同じように、ボクシングの基本姿勢のオンガードポジションから始めます。




顔は真っ直ぐで、重心は左足に乗せておくのも、左アッパーの時と同じです。

そこから脇を締めたまま膝を曲げて右肘を後方に引き、膝が伸びる時のバネを利用して、腕を下から上へ突き上げてパンチを打ちます。

この時に、左アッパーの時とは逆に、腰と右の爪先を反時計回りに回転させ、パンチと連動させましょう。

パンチを打ち終わったら、素早くオンガードポジションに戻りましょう。

右アッパーの場合は、パンチを打つと同時に左拳を顎まで引き、ガードが甘くならないように注意しましょう。

左アッパーの場合は、すでにオンガードポジションの段階から右拳が顎の前にあるため、それほど問題はありません。

しかし、右アッパーの場合は意識的に左拳を引き寄せることが必要です。

顎を打たれると、倒される危険性が高くなります。


3.左右どちらも、動きの連動が重要

左右どちらのアッパーも、腰の回転・腕の振り・膝の伸び・爪先の回転を連動させ、一連の動きとして素早く行いましょう。

最初はゆっくりでも良いので、一連の動作を確認しながら行い、最終的には素早くスムーズに連動させていけるように練習し、上達を目指していきましょう。

全身の一連の動作の連動が大切なのは、ボクシングのどのパンチにも共通することですので、繰り返し練習して、身体に染み込ませていきましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ