ボディへのコンビネーション | ボクシングが上達する練習メニュー

ボクシングのパンチは、実は1発ずつではなかなか当てることが難しいものです。

相手の選手は何の抵抗もせずに棒立ちして殴られているわけではなく、ディフェンスをするし反撃の機会も狙っているのですから、当然です。

これは、顔面へのパンチでもボディへのパンチでも、全く同じことです。

有効打を当てやすくするためには、いくつかの技を組み合わせたコンビネーションの上達を目指しましょう。


1.上下への打ち分けを駆使しよう!

ボディへのパンチであるボディブローは、「後からじわじわ効いてくる」ことの例えにも用いられています。

これは逆を言えば、顎などへのパンチのように1発でKO勝利を狙うというよりは、相手のスタミナを奪い、じわじわと追い詰めていくパンチと言えます。

逆に顔面には、人間の急所が集中しているため、うまく決まれば1発KOも可能と言えます。

いずれにせよ、顔面にばかりパンチを打っても、ボディにばかり打っても、相手のガードが破れなければパンチを当てることはできず、ひいては勝つことができません。

そこでボクシングにある程度慣れてきたら、この両方を組み合わせて上下を打ち分け、相手の意表をつく攻撃のコンビネーションも練習していきましょう。





2. まず覚えたいボディへのコンビネーション

ボクシングの初心者がまず覚えたいボディのコンビネーションは、「ワンツー」に「ボディ」を組み合わせた「ワンツーボディ」です。

これは文字通り、パンチの基本的なコンビネーションであるの「ワンツー」に、ボディへのパンチを組み合わせたものです。

言葉で説明するのは簡単ですが、ワンツーとボディは単発のパンチではなく、一気に流れとして打たなければなりません。

これが、意外と簡単ではありません。

まずワンツーのワンはジャブ、ツーは右ストレートです。

右ストレートを打つときには、左の脇を締めて、顎のガードを忘れないようにしましょう。

そして、左足に体重を移し、左肩と腰を左後ろに引いてから、体の軸を中心に腰を右にひねります。

この時に、上体を若干前屈みにして、相手の腹に左拳を付き出します。

打ち終わったら打ちっぱなしではなく、必ず最初のボクシングの基本の構えの姿勢に戻りましょう。

ワンツーボディの弱点は、ボディの打ち終わりにディフェンスの隙ができやすいところです。

この隙をつかれないように、ワンツーボディを打った後には基本姿勢に戻らず、ウィービングをして相手の正面から横へ移動するという方法もあります。

こういったディフェンスのテクニックもセットにして、鏡の前で何度も繰り返し練習し、更なる上達を目指しましょう!







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ