ボクシングの基本的なコンビネーションの種類

ボクシングにおいて、コンビネーションの種類は星の数ほどあります。

今回は、基本的なコンビネーションの解説と上達法を解説していきます。

1.コンビネーションとは

コンビネーションは、数多くのパンチを組み合わせて相手の隙を作り、そこにフィニッシュブローをいれる戦術的なものです。

また、考え方や得意パンチなどによって使うコンビネーションも人それぞれでり、ボクシングでは種類のバリエーションがあるということが脅威となることもあります。

なので、上達の為にもテレビやジムでさまざまな選手のコンビネーションを見て自分で取り入れて攻撃のバリエーションを増やしていきましょう。

2.初心者におすすめの基本的なコンビネーション

ここでは、初心者におすすめの基本的なコンビネーションを2つピックアップして紹介していきます。

1.ワン・ツー・左フック

ジャブで距離を取り、ストレートをガードさせて空いたポイントにフックを入れるという初歩的なものです。

目的は、あくまでフックを入れることなので、ガードされないために例えばストレートをボディーに打つなどの戦法も効果的です。

2. ワン・ツー・左ボディー・左フック

ここでの目的は、ボディーブローとフックです。




ワン・ツー・ボディーだけでも、意識を上に集中させてからがら空きのボディーを叩いて相手にダメージを与えるというとても効果的なコンビネーションですが、そこで下に意識が集中したところにさらに追い打ちをかけるように上にフックを入れるというかなり効果的なコンビネーションになります。

3.大切なのは意識をどうそらすか

ここまで2つのコンビネーションを紹介してきましたが、共通しているのは相手の意識がそれたポイントにパンチを打つということです。

もっとも効果的なのは、上下の打ち分けです。

基本的に、上のパンチがくれば下のガードは緩くなりやすく、下のパンチがくれば上ガードは緩くなりやすいです。

このように、ボクシングでは相手の意識を攪乱させるコンビネーションの種類を豊富にすることでかなり効果的な戦いができるので、上達の為にもさまざまなコンビネーションを知ることから始めましょう。

4.まとめ

基本的なコンビネーションは相手も知っている場合も多く、うまくガードされてしまう事が多いです。

しかし、今まで見たことのないコンビネーションだとどんな選手でも貰ってしまうことがあります。

大事なのは、たくさんの種類のコンビネーションを用意しておくことで、そのためには動画を見て勉強するといいです。

自分で試行錯誤して考えることも大切ですよ!







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ