シャドーボクシングで身につけるコンビネーション

ここではボクシングのシャドーボクシングで身につけるコンビネーション、上達のための練習メニューについて、内容を説明していきます。


1.シャドーボクシングについて

シャドーボクシングとは、仮想の相手を見立てて、ボクシングのパンチを繰り出していく実戦イメージトレーニング練習です。

当然パンチを打ち込むだけではなく、ガードをしたり、スウェーバックやダッキングなどのディフェンスの練習をしたり、フットワークを使って動き回ったりする練習もシャドーボクシングの一つになります。

つまり、ボクシング技術、スピード、時間配分、スタミナなどを全て強化することができる総合的な練習になり自由度が高いトレーニングの一つです。

シャドーボクシングは鏡の前に立って行い自分のパンチやディフェンスのフォームを確認しながら行うもの、リングの中に入ってフットワークで回りながらコーナーリングやロープを背負ったりしながら、実践を意識しながら行うものなど、あらゆるバリエーションが存在します。

ここに、攻撃の様々なパターンを入れ込んでコンビネーションを上達させていきましょう。


2.シャドーボクシングで行うコンビネーション

シャドーボクシングは攻撃もディフェンスも共に全ての技術の練習に使用できるオールマイティなトレーニングです。

そのため、攻防一体のコンビネーションをシャドーボクシングに取り入れて練習していきましょう。




まずはフットワークと鏡を使いながら、自分のフォームを確かめていきましょう。

ジャブやストレートを出していき、ガードが下がっていないか、パンチを出す腕が上がりすぎていないか、下がりすぎていないか、顎はしっかり引いているか、など見ながらパンチを繰り出すようにしてください。

ここで、基本的なコンビネーションを取り入れます。まずはワンツー、次にワンツー・フック、そしてワンツー・フック・ボディ、またはワンツー・フック・アッパー、の順にコンビネーションを練習していきましょう。

他のトレーニングと同様、3分間に1分間のインターバルを入れながら数ラウンド繰り返すようにしましょう。

最初はジャブだけ、最後の30秒はワンツーからアッパーやボディまで4つめのコンビネーションでラッシュをかけるなど、強弱を付けていくことが大切です。

パンチのコンビネーションはフットワークやディフェンスと連動していなくてはなりません。リングを動き回りながら実戦を想定して練習していきましょう。

例えば、リングの上では実際にロープがあるので、後ろに下がってきたらロープにどのようにもたれるか、コーナーに追い詰められたらどのようなステップで抜け出すか、などをイメージしながら練習することができます。

逆に相手をロープやコーナーに追い込んだらどのようなラッシュをかければ良いか、などを想定し、実際にそこで空気の仮想相手にラッシュをかける、などの想定トレーニングをすることもできます。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ