ボクシングのカウンターが上達する練習メニュー

ボクシングのカウンターが上達する練習を紹介します。カウンターはボクシングにおいて、大逆転の可能性を秘めた一撃必殺の強力なものです。

それだけ技術的にも難易度の高いものではありますが、身につけると大きな武器になります。繰り返し練習をして、コツを掴めるよう頑張りましょう。


1.カウンターとは

カウンターについて説明します。

静止しているものに衝撃を与える場合と、こちらに向かってくるものに衝撃を与えるのとでは、後者のほうが威力は大きくなります。

このように、相手のパンチの勢いを利用し、それに合わせたパンチを打つことをカウンターと言います。


2.カウンターの練習方法

では、カウンターをうまく打つにはどのような練習を行えば良いのでしょうか。
シャドーボクシングで相手を想定し、その中でカウンターを合わせることは簡単ですが、実戦ではなかなかうまくいかないことが多いです。
やはりカウンターの上達のためには対人練習が不可欠でしょう。

カウンターはボクシングの中でも非常に難易度の高い技術です。
もちろんシャドーボクシングなど、日頃の練習の積み重ねは非常に大事ですが、それだけではマスターしきれないのもまた事実です。

スパーリングなどの実戦練習を繰り返し行うことで、言うなれば「身体で覚えていく」ことが上達のポイントであると言えます。
カウンターは相手のパンチを見切り、それに合わせる技術ですので、動体視力や反射神経、それに加えてパンチへの慣れも必要です。
スパーリングはこのパンチへの慣れという面で、十分に効果を発揮してくれるでしょう。





3.カウンターの打ち方

カウンターを打つ際にまず大事なのが、相手のパンチに怯えないことです。
言うのは簡単ですが、これはスパーリングなどを実際にやってみると、思いの外難しいと感じることでしょう。
相手のパンチに対して目を瞑ってしまうというのは、人間の防衛本能でもあります。
この本能を克服するためにも、スパーリングなどで実戦的な場数を踏むことが大切です。

相手のパンチが冷静に見れるようになったら、いよいよこれにカウンターを合わせます。
ポピュラーなのは相手のリードブローに対して交差するようにパンチを合わせる「クロスカウンター」です。
相手のジャブのリズムや距離感を把握し、相手の初動と同時にこちらも動き出します。
タイミングが大事ですので、いつでもパンチを出せるように柔らかく、大きく構えることがポイントです。


4.カウンターの注意点

まず第一に注意するのが、狙いすぎることです。
これはプロボクシングの試合でも間々ある間違いですが、強力な一発を狙いすぎることで手数が減り、ポイントを取られるどころか、カウンターを警戒してリズムを変えたりなどの対処をされるなど、デメリット多いです。
あくまでこちらの手数を減らすことなく、自分の攻撃の中でカウンターを合わせるようにしましょう。
反撃に出た相手にカウンターを合わせるなどといったスムーズな流れが理想的です。

また、カウンターはこちらが打てる時は相手も同様に打てるという点に留意しなければいけません。
相手のパンチにカウンターを合わせることに意識が集中しすぎて、ガードが疎かにならないよう、普段の練習から注意しましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ