ボクシングのハンドスピードが上がる練習メニュー

ここではボクシングのハンドスピードが上がる練習を紹介します。
ハンドスピードを上達させることで手数が増えますし、打ち終わりの隙も少なくできます。
ボクシングの攻守においてメリットが多いのでしっかりと練習しましょう。


1.ハンドスピードとは

ハンドスピードは簡単に言えばパンチの速さです。
ただ、速く打つことを意識するあまり手打ちになってしまうことがあるので、やはり下半身を使って、一つ一つのパンチをしっかり打つように心掛けましょう。


2.ハンドスピードを上げる練習

ハンドスピードを上げるために重要なのが、パンチの引きを速くするのを意識することです。
パンチを打ってから素早く元の構えに戻ることで、次のパンチも素早く打てます。

パンチの引きを意識しながらシャドーをしたり、バッグを叩くことで徐々にハンドスピードも上達するでしょう。


2-1.スピードを意識したシャドー

パンチの引きを意識しながらシャドーを行います。
始めは鏡の前でシャドーを行い、パンチを速く引く際に不要なモーションがついていないか、ガードやスタンスが崩れていないかなどをチェックしましょう。

リングでシャドーをする場合も同様にパンチの引きを意識しますが、このとき足も素早く動かすことを意識しましょう。
パンチを打つ瞬間やパンチの引き際に、同じタイミングで次のパンチを打つのに適した場所に足を運んでおくことで、よりスピードのあるシャドーになるはずです。




このようにスピードを意識したシャドーを繰り返し行うことで、ハンドスピードも次第に向上し、ボクシングも上達するでしょう。


2-2.スピードを意識したサンドバッグ

ハンドスピードを上げるために、サンドバッグを使って練習するのも効果的です。
シャドーと同じようにパンチの引きを意識しながらバッグを叩くのですが、シャドーよりも強く意識する点は一つ一つのパンチをしっかり切るように、バッグの向こう側を打つイメージで叩くのがポイントです。

このスピードを意識したサンドバッグで注意したいのがパンチの強さです。
速さを意識するあまりパンチが手打ちになってしまうことは間々ある間違いですが、これはパンチを打つ際、上半身と下半身を連動して打つことで改善されます。


3.下半身を使ってハンドスピードを上げる

パンチを速くする場合でも、大事なのは下半身の使い方です。
パンチを速く打つと、どうしても上体が振り回され易くなってしまいます。
これではパンチが手打ちになってしまったり、スタミナも一層消費してしまいます。

膝を柔らかく使い、上半身と連動させながら打つことが大切なのですが、イメージとしてはパンチを膝で押し出す感じです。
パンチと体重移動を連動させることで、速くてしかもキレのある強いパンチを打つことが可能になるのです。

ハンドスピードを上げる際も、下半身をうまく使うことをしっかり意識して練習しましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ