ボクシングの左フックが上達する練習メニュー

ここではボクシングの左フックが上達する練習を紹介します。
左フックは、ボクシングの試合においてKO率の高いパンチで、右利きの選手であっても右ストレートの後の返しの左フックが得意という選手は多くいます。
しっかり練習し、相手を倒す強いフックを身につけましょう。


1.左フックの打ち方

左フックを打つ際は、まず体重を左足に乗せます。
右のストレートを打った時と同じ下半身の動きをイメージするとわかりやすいと思います。
次に、体重を中心に戻しながら左足で地面を蹴り、膝と腰を回転させます。
ただし、膝や腰を回しすぎたり、右足に体重が乗りすぎると、パンチが流れてしまうので注意しましょう。
左腕は脇が開かないように打つのが、倒すフックのコツです。
肘の位置が肩と平行になるようにフックを打つ選手もいますが、ここでは脇を締め、基本の構えの状態と角度を変えないまま打つことをお勧めします。
左腕で腕相撲をする時をイメージしてください、その状態が一番左腕に力が入る形だと思います。
その状態を保ち、下半身を使って左フックを打ち込むことで、力強い倒すフックになるわけです。

左フックを打った後は素早く元の構えに戻すことも忘れずに意識して練習しましょう。


2.左フックの応用

先に、左フックを打つ際の下半身の動きを説明しましたが、この動きは左右のパンチを連続して打つ際の基本となる動きです。




下半身の動きはそのままに、左のパンチをボディブローやアッパーに変えることでコンビネーションの幅は広がります。

また、左右交互ではなく左ボディ、左フック、また左ボディというように、左のパンチを上下に打ち分けることもとても有効なコンビネーションです。

このように左フックはワンツーについで基本的なパンチになるため、マスターすることでボクシングの幅が大きく広がります。
何度も練習し、何発でもパンチが打てるようにしましょう。


左フックの練習

左フックの練習も、基本はシャドーで反復するのが上達の近道になります。
身体が流れていないか、下半身のバランスやスタンスは崩れていないかなどをチェックしながら繰り返し行いましょう。

サンドバッグを使って、しっかりと左を打ち込む練習も欠かしてはいけません。
サンドバッグに少し接近し、バッグの側面にフックを打ち込むのですが、ここで注意する点はバッグを押し込まないようにすることです。

ストレートをバッグを使って練習する際も同じことが言えますが、力強く打つことを意識するあまり、バッグをグッと押してしまうことがあります。
これでは余計なモーションがついてしまいますし、スピードやキレも著しく低下してしまうでしょう。
下半身を使ってキレのあるパンチを打ち込むと、バッグはゆらゆら揺れるというよりは、ガシャンっと折れるように揺れるはずです。

相手を倒すパンチを練習する場合でも、下半身を使うことと、パンチの切れという二点は常に意識するようにしましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ