スピードのある左ジャブの連打を打つコツ | ボクシングが上達する練習メニュー

ここではボクシングのジャブを速く連打するコツと、ジャブの連打が上達する練習メニューを紹介します。
ジャブの連打はボクシングの試合でも頻繁に使われます。
素早い連打をマスターできればボクシングの幅も広がり、グッと上達できるので、しっかり練習しましょう。


1.ジャブの連打のコツ

ジャブに限った話ではなく、ボクシングにおいてパンチのスピードを上げたい場合、重要になってくるのがパンチの引きです。
意外にもパンチを打つ速さよりも引く速さを強く意識した方が、パンチのスピードは上がります。

そしてパンチの連打に必要となってくるのが、安定した下半身です。
足腰を鍛え、下半身をうまく使い重心移動をスムーズに行うことで、どんなにパンチを打ってもぶれない、どっしりとした砲台となるのです。

ジャブを連打する際には、このパンチの引きと下半身の重心を意識して練習することが、上達のポイントになります。


2.連打のための練習メニュー

ジャブを連打するためには、まず下半身の重心の置き方、体重移動の仕方を覚える必要があります。
連打を打つ際、下半身がぐらぐらと不安定では、パンチが流れて身体が泳いでしまうので、スタミナの消費が激しくなりますし、一つ一つのパンチが大振りになり、手痛いカウンターをもらいやすくなります。




ジャブの連打のため下半身を安定させるには、普段からしっかりと鍛えておく他、体重移動の仕組みをを覚えることも役に立ちます。

ワンツーを例に、重心にスポットを当てて説明すると、まず初めのジャブを打つ際、このとき重心は身体の軸と同じ、ちょうど中心にあります。
右足を踏み込みジャブを打ち、前に重心が行き過ぎないように左足で蹴り返すことで重心が安定しています。
続くストレートで、中心にあった重心は一度左足に乗ります。
右足を強く蹴って強くパンチを打ち込むのですが、左足に乗りしっかりと重心を安定させることで、上体が流れることなく、キレのあるパンチになるのです。

このように、ボクシングのパンチは上体と下半身の連動によって放たれており、ジャブの連打を打つ場合、重心が左右にぶれることなく動き続けるのがポイントとなるのです。

この重心がぶれないようにジャブの連打を打つための練習メニューは、普段から行っているリングでのシャドーをジャブの連打に特化して行います。
リングのいずれかのコーナーに背を向け、対角にあるコーナーまで半円を描きながらジャブを連打します。
対角のコーナーに着いたときに、同じようにコーナーを背負う形になるように動きましょう。

連打を打つ場合でも、手打ちになるのではなく、しっかりと上体と下半身とを連動させ、一発一発のパンチをしっかり切って打つように心掛けると、徐々に上達してくるでしょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ