フリッカージャブを活用してKOをとるボクシング解説

フリッカージャブとは、フロイト・メイウェザーやトーマス・ハーンズなどKOで何10回と勝ったボクシング選手がよく使っていたジャブです。

今回は、フリッカージャブとその上達法について解説していきます。

1.フリッカージャブの注意点

まず、これからボクシングを始める人、始めたばかりの人は絶対にフリッカージャブをやらないでください。

フリッカージャブは元々誰にでも打てるパンチではなく、柔軟な筋肉とバネをもつ選手だけが効果的に使うことができるのです。

なので、そもそも日本人にはあまり向いてなく、黒人の選手がよく使っています。

なので、フリッカージャブを使えるだけの柔軟な筋肉とバネを持ったボクシング選手はパワーも強い場合が多く、KOを量産しているのではないでしょうか。

しかも、初心者がいきなり練習すると怪我しやすいです。

なので、初心者の方はまず基本的なジャブの上達の為の練習をしましょう。

2. フリッカージャブの使い方

フリッカージャブは、通常左腕を下げて構えるデトロイトスタイル(ヒットマンスタイルとも言います)から出します。

このスタイルは極端に右のパンチに弱いので、近接戦闘には向きません。

まず、左腕を脱力した状態から、下から上へ腕をムチで叩きつけるようにして打ちます。




この時に腕を内側にひねり、打ち終わりはひねった反動で腕を元の位置に戻します。

注意するポイントですが、ボクシングではバックブローという手の甲でのパンチが禁止ですので必ず通常のパンチと同じ拳のポイントで打つようにしましょう。

3.フリッカージャブの効果

フリッカージャブは、下から出てくるパンチですのでとても見づらいです。

また、腕をムチのように撓らせて打ってくるのでとても軌道が予想しづらいです。

そのため、打っている本人は距離がとりやすいです。

なので、フリッカージャブはこのようなアウトボクシングをするために用いるパンチであり、自分のペースで試合を運びやすくインファイターとの接近戦も避けられるのでKOされづらいという利点もあります。

4.まとめ

フリッカージャブは、トーマス・ハーンズやはじめの一歩の間柴が使っていて有名になりましたよね。

たしかに、アウトボクサーにはとても効果的なパンチですが使える人が少ないというのがネックなんですよね。

そのため、日本人でフリッカージャブを打ってる人はなかなかいないと思います。

基本的にフリッカージャブは、テレビで外国の選手が打っているのを観るものなのかもしれませんね。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ