フリッカージャブの打ち方 | ボクシングが上達する練習メニュー

ここではボクシングのジャブの一種である、フリッカージャブの打ち方と、フリッカージャブが上達する練習メニューを紹介します。
フリッカージャブはジャブの一種ですが、ボクシングのパンチの中でも特殊なもので、基本的なジャブとは打ち方が大きく違います。
まずは基本的なジャブをマスターしてからフリッカージャブの練習を行うようにしましょう。


1.フリッカージャブとは

フリッカージャブはジャブの一種で、近年ではフロイド・メイウェザーのような、テクニカルなアウトボクサーが使っているのを多く見ることがあります。

通常のジャブは肩口からまっすぐに相手へと打ち込みますが、フリッカーの場合は低い位置、腰のあたりから払うようにして打ちます。
ボクシングはそのルール上、バックハンドブローが禁止されているため、裏拳のように手の甲が当たることのないように、しっかりと拳で打ち込むよう注意が必要です。

ジャブを鞭のようにしならせ、払うように打つため、打たれた相手はいつもよりジャブの軌道を予測しづらくなります。


2.フリッカージャブの打ち方

フリッカーをマスターするために行う練習メニューも、通常のジャブと同様にシャドーが基本となります。
鏡の前でモーションを確認しながら繰り返し練習しましょう。




まず、フリッカーを打つ場合、低い位置から打つために普段とる構えも通常とは異なります。
左手を腰のあたりで水平に構え、通常の構えよりやや前傾気味な構えを取ります。
この位置から相手の顔面めがけて下から上に払うようにジャブを打つのですが、バックブローにならないようにしっかりと拳で打つように注意しましょう。


3.フリッカージャブの注意点

フリッカーは特殊なパンチで、基本のパンチとは大きく異なります。
特殊ではありますが、ジャブから派生する打ち方なので、フリッカーを使うにしてもまずは通常のジャブを正確に打てるようになる必要があります。
まずは基礎のジャブをしっかりと上達させ、マスターするところから始めましょう。

また、フリッカーを使う場合は必ず左のガードが下がります。
アウトボクシングであればスウェーやダッキングで相手のパンチを外したりできますが、インファイトでガードを下げるのはあまりにも無謀です。
極端に、フリッカーはアウトボクシング専用の武器と考えても良いかもしれません。

フリッカージャブは初心者にお勧めできるものではありません。
もっと言えば、柔軟なバネを必要とするパンチなので、どちらかと言えば日本人には不向きと言えるでしょう。
初心者の方はあまりフリッカーに拘らず、まずは基本を大事にすることから始めましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ