ジャブを打つ時の踏み込みについて | ボクシングが上達する練習メニュー

ここではボクシングでジャブを打つ時の踏み込みについて、上達のための練習メニュー含め説明していきます。


1.ボクシングのジャブと踏み込みは基本は同時に繰り出す

基本的にボクシングにおけるジャブは、踏み込みと同時に放ちます。このとき、パワーよりもスピードを重視し、次のツーにあたる右ストレートの布石のバランスとして役立てるようにします。

ジャブ自体に攻撃力を求めてはいけません。ジャブは全身を利用した渾身の一撃パンチではなく、肩から拳のラインを鞭をしならせるように力を抜いてスピード重視で何度も、そしていつでも繰り出すことのできるパンチとして使用します。

そこで次の右ストレートを打ち込む場合、ジャブを打ち込む瞬間に踏み込みを入れて、ワンツーのコンビネーションを放つようにします。


2.踏み込みを必要とするジャブ、必要としないジャブ

ワンツーを打ち込む時のみのジャブに踏み込みを入れていては相手に攻撃パターンを読まれてしまう恐れがあるため、ワンツーを打たない場合のジャブだけの攻撃をするときもたまに同時に踏み込みを入れるようにします。

踏み込みを入れるジャブ、入れないジャブを繰り返すことによって、逆に相手にパターンを読まれるのを避けるどころか混乱させることができます。




また、ジャブのみを打ち込む場合の踏み込みはなるべく通常の体勢にすぐに戻ることができるように、歩幅を非常に小さくするように心がけましょう。

ワンツーを打つ場合は最初のジャブを打つとき、歩幅を少し大きく踏み込み、次の右ストレートの威力を上げる為に勢いを付けましょう。

このときのジャブは完全に次の右ストレートを打つためのフェイント、距離を測る道具であり、相手の目を一瞬そこに意識させてフェイントの役目をさせます。

フェイント技術を上達させれば相手に攻撃を読まれにくくなります。

また、踏み込みでステップインをするとき、オーソドックススタイルの場合、基本は左足を前に一歩踏み込みながらジャブを打ち込み、ジャブを戻すと同時に右足も一歩前に出す、という動きを繰り返しましょう。

これを鏡を見ながらシャドーボクシングの要領で、一直線のライン上で繰り返し行います。

逆にステップバックする際にもジャブを放つ練習をしてみましょう。逆の踏み込みですが、ディフェンス技術として使用することができます。

この時は、ジャブを打つと同時に右足を一歩後ろにステップバックし、ジャブを戻す瞬間に左足を一歩後ろにステップバックさせます。これでディフェンス技術も上達していきます。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ