ワンツーの正しいフォーム | ボクシングが上達する練習メニュー

ここではボクシングにおけるワンツーの正しいフォームについて、その内容と上達のための練習メニューについて説明していきます。


1.ボクシングにおけるワンツー

ボクシングにおけるワンツーとは、ジャブからストレートにつながる一連の攻撃のことを言います。ジャブがワンで、ストレートがツーで繋げて順番に攻撃することでワンツーという言い方をします。

ワンツーはボクシングの攻撃のコンビネーションで最も基本となるものです。

ワンツーが効果的な理由としては、まず最初のジャブで相手の注意を惹くことにより
次のストレートの攻撃にフェイントの効果を与えます。そのため、単発でストレートを打つよりも命中する可能性が上がります。


2.ワンツーの練習メニュー

ワンツーを上達するための練習メニューについて説明していきます。まずは鏡に向かってシャドーボクシングの練習でやってみましょう。

ここでしっかりフォームを確認しながら何度も繰り返します。

鏡に正面に向かって、ボクシングの姿勢の構えをします。そこからジャブ、ストレートをジャブから順番に打ちます。

ワンツーを打つタイミングで必要なのは、ジャブのワンとストレートのツーを一つずつ順番に区切って打ち出すのではなく、スピードを意識してワンツーと一気に一連の流れで打ち出すことです。




また、ジャブとストレートの打ち込む拳の位置は同じ場所を目指してください。

テクニックが向上してくると、ワンツーを出す際にジャブとストレートを全く違う方向にあえて打ち込むこともありますが、まずは基本として同じ位置を目指してワンツーを打ち出してください。

ワンからツーの過程で身体が前のめりにならないように重心は常に真ん中になるようにし、顎は上げずに腰を軸にワンツーを打ち込むようにしてください。

ワンツーをシャドーボクシングで行う際は最初は同じ位置で良いですが、慣れて来たらワンツーを打ち込む際に一歩ずつ踏み込みを加えるようにしてみましょう。

ジャブを打つ瞬間に一歩前に前足を出し、ストレートを出す際に後ろ足を前に一歩出して、というのを繰り返して前に進んでいきます。

シャドーボクシングに慣れてきたら、今度はサンドバッグにワンツーを打ち込んでみましょう。

ここでもシャドーボクシングの時と同じようにサンドバッグにワンツーを打ち込む位置は同じにしてください。

この2種類の練習メニューを繰り返すことが、ワンツーのフォームを上達させる何よりの近道になります。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ