ステップからのワンツーの打ち方 | ボクシングが上達する練習メニュー

ワンツーは、ボクシングのパンチのコンビネーションの中では、もっとも基本的なものの1つです。

ボクシングの練習にある程度上達してきたら、ワンツーを更にステップと組み合わせることで相手の意表を突き、一瞬で接近戦に持ち込む練習も取り入れていきましょう。


1.ステップからのワンツーの基本的な動作

相手のパンチの届かない場所から、一気に自分がステップで前へ出て一瞬で距離を縮め、そこから顔面やボディにワンツーを打ち込みます。

ステップワークには、ステップイン・サイドステップ・ステップバックなどがありますが、ワンツーに繋げる場合は前に出るため、ステップインで相手との距離を一気に縮めてパンチを打ち込みます。

ステップをワンツーに繋げる時には、しっかりとした足の踏み込みが重要になります。

ステップで勢いが付くことでパンチの威力は増しますが、その分自分の体勢も崩れやすくなるので、ここでの足の踏み込みは大切です。

せっかくの攻撃も、相手にかわされた時に勢い余って体勢を崩し、そこへ相手に反撃を食らってしまっては台無しです。


2.ステップからワンツーに繋げる時の注意点

ボクシングのパンチ全般の基本に通じることですが、しっかりと地面を踏み込み、足と腰でパンチを打ちましょう。

地面の踏み込みや蹴りが弱いと、パンチが「手打ち」となり、パワーを込めることができません。




そして、動作の繋ぎのスピードも重要です。

ステップインと、ワンツーの最初の「ワン」である左ジャブは、同じタイミングです。

そして「ツー」の右ストレートを打つ時には、足や下半身はしっかり床を踏みしめています。

パンチも、左ジャブを打ったら素早く左手を引き戻しながら、右ストレートを打ちましょう。

「ワン」の左ジャブが戻るのを待ってから「ツー」の右ストレートを出すのでは、タイミングが遅すぎます。

「ワン」と「ツー」の腕が途中でクロスするくらい、速いテンポで打つのがコツです。

練習の時には、ステップ→ワンツー→ステップ→ワンツーと、スムーズに動き続けることができるように繰り返していきましょう。

言葉で説明するのは簡単ですが、スムーズにこの動作を続けるのは、なかなか大変です。

常に前の足6:後ろの足4の比率で前の足の方に重心を置き、後ろの足に体重を持って行かれ過ぎないように注意しましょう。

後ろ重心になってしまうと、パンチを打つ動作も踏み込む動作もしにくくなります。

またステップの踏み込みが甘いと、自分のパンチを出すのと同時に相手にもパンチを出される、いわゆるカウンターパンチをもらいやすくなります。

練習で注意しなければならないことが沢山ありますが、1つ1つ確実に身に付け、更なるボクシングの上達を目指していきましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ