ボクシングのリバーブローが上達する練習メニュー

ここではボクシングにおけるリバーブローについて、その内容と上達のための練習メニューについて説明していきます。


1.ボクシングにおけるリバーブロー

ボクシングにおけるリバーブローとは、一般的にボディーと言われることが多いですが、相手の腹部に打ち込むパンチのことを言います。特に急所である相手の右わき腹の肝臓を狙うボディショットです。

リバーブローの効果は大きく分けて二つあります。

一つは相手の腹部、つまり肝臓である内臓にダメージを与えることによって、心肺機能、血流機能を低下させ、相手の運動能力を低下させます。

もう一つは直接ダメージによる痛み、衝撃によって相手を動けなくしてしまいます。リバーブローでのノックアウトも決して珍しくはありません。

リバーブローは頭部や顔面に与える脳へのダメージとは違って、直接内臓にダメージを与え、痛みによる衝撃を与える力を持っています。


2.リバーブローの練習メニュー

リバーブローには何通りか打ち方がありますが、それぞれ様々なパターンを練習メニューに取り込むことにより攻撃のバラエティーが増えます。




オーソドックス・スタイルの選手にとっては、踏み込んで、左フックをひっかけるように相手の右わき腹に打ち込むリバーブローの練習が効果的です。

まずは、通常のボクシングの構えから、一歩左足を相手の外側に向かって踏み込み、そこから左フックを返すように相手の右わき腹に打ち込みます。

パンチを打ち込んだら、すぐに元のガードの位置に戻すことが重要です。なぜなら、リバーブローを打った直後は相手と非常に近い距離にいるため、相手の攻撃も受けやすい位置にいるからです。

もう一つの練習メニューとしては、オーソドックス・スタイルの場合、右ストレートを打ち込む時と同じ要領で、両膝をグッとかがめて、相手の右わき腹の辺りにストレートを打ち込む方法です。

少し深く左足のステップインで前に踏み込んで、グッと腰を落としたら、そのまま右ストレートを相手の腹部目がけて打ち込みます。押し込むように打ち込むのがポイントです。

ここでも同じように打ち込んだ後に、左足を戻して元の高さに体を上げて、ガードの状態に戻します。この一連の動作をスピードを意識しながら繰り返します。

この2種類の練習メニューを繰り返すことが、リバーブローを上達させる何よりの近道になります。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ