リバーブローの打ち方 | ボクシングが上達する練習メニュー

ここではボクシングのリバーブローと、その打ち方、上達する練習メニューを紹介します。
リバーブローは特にインファイターが得意な選手には大きな武器となるものなので、距離を潰し接近戦を仕掛けるタイプの人は是非ともマスターしましょう。


1.リバーブローとは

リバーブローは、その名の通り、相手の右脇腹、肝臓に位置する部分に対して打ち込むボディブローを指します。
特にこれと言って特殊な打ち方をするわけではなく、左のボディブローに対する別名と考えて良いと思います。

ボクシングにおいて、ボディブローが効いてくると体が重くなり、フットワークが損なわれます。
パンチを当てやすくなりますし、腹部へのパンチを嫌がることで顔面も無防備な瞬間が増えるでしょう。

どんなに腹筋を強固に鍛えていても、急所に打ち込まれるパンチは効くものです。
顔面へのパンチで意識を上に集中させてから左ボディへコンビネーションを繋げたり、相手のパンチを左へダッキングし、カウンター気味に打ち込んだりと、積極的に狙いましょう。


2.リバーブローの打ち方

リバーブローの打ち方は、まず左足に重心を乗せます。
ちょうど右ストレートを打つときと同じような、左の膝の真上に上体の軸が来るようにすると良いでしょう。
重心を左足に乗せるのと同時に、左腕をだらっと下に下ろします。
次に、左足の重心を前に押し出すように膝と腰を回転させながら、下げた左手を掌が上を向くように手首を返し、前方に向かって打ち込みます。
ボディブローは下から上に打つのではなく、下から前に押し出すイメージで打つのが上達のコツです。
ボディブローを打つ際も、やはりポイントは下半身の使い方で、左の膝に重心を置き溜めを作って、その溜まった力を膝と腰で押し出すようにイメージすると良いでしょう。




左腕は肘を90度に固定し、直角のまま打ち込みます。
左足に重心を置いたときに余計な力が入っているとその後の動きが固くなり、パンチのキレもなくなってしまうので、このときは力を抜いてしまって大丈夫です。
左のガードが下がりますが、左足に重心を乗せた状態は相手から見ると死角となっているので打たれる心配はありません。

上体と下半身の連動を意識しながら練習を繰り返し行って、フォームをしっかりと身につけましょう。


3.リバーブローの練習と注意点

リバーブローをマスターするために行う練習メニューは、やはりシャドーとバッグが基本となってきます。

鏡の前で上体と下半身の連動が出来ているかしっかり確認し、下半身を使ってサンドバッグに強く打ち込む。
この地道な練習を絶やさず行うことで、接近戦でとても有効な強いリバーブローが身につくでしょう。

リバーブローは強力な武器ではありますが、接近戦限定の武器と考えても良いでしょう。
そもそも離れた距離では届きませんし、左のガードが下がることで、相手の右の格好の的になってしまいます。
リバーブローを打つタイミングをしっかりと見極め、また、単発で終わらないように他のパンチと繋げたり、ステップワークと織り交ぜながら打つように注意しましょう。

ボクシングの試合ではボディブロー一発で相手を倒すことは稀で、ボディで倒す場合、何発ものダメージの蓄積によるダウンがほとんどです。
ですがしっかりと下半身から打ち出されるボディは、タイミング次第で一撃必殺も不可能ではありません。
練習を重ねて、是非ともマスターしましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ