スマッシュの打ち方 | ボクシングが上達する練習メニュー

ここではボクシングにおけるスマッシュの打ち方について、練習メニューと一緒に説明していきます。


1.スマッシュについて

ボクシングにおけるスマッシュというパンチは、丁度アッパーとフックの中間あたりの位置に打ち込むパンチになります。基本はリードパンチ(オーソドックススタイルで言えば左パンチ)で打ち込むことが多いです。

スマッシュは打ち込む際に相手の顔面、特に人間の急所である顎に向かって一直線に向かって打ち込めるパンチであり、命中すれば非常に攻撃力が高くボクシングでは有効なパンチになります。

スマッシュはフックやアッパーほど手首を返さずに打ち込むことができ、尚且つ相手がガードしていいる上下左右の合間を狙うことができます。

しかしながら、ガードを少し下げた状態の位置から打ち込むため、打ち込む前はガードがかなり下がっている状態であり、相手のパンチを受けやすく危険です。

また、一直線に斜めの方向に全体重を乗せるため、相手にかわされてしまった場合にバランスが崩れやすいので注意が必要です。


2.スマッシュを上達させるための練習メニュー

スマッシュの打ち方を上達させるための練習メニューを説明していきます。

ここではオーソドックスでで左スマッシュを打ち込むことを前提に説明していきます。




スマッシュの一つの特徴は手首やその他体の初動をほとんどかけずに打ち込むことができる、いわゆるノーモーションのパンチです。

そのため、フェイントと同じような効果で相手にパンチが来るのを事前に予測させないようにすることができます。

この点を意識して、スマッシュを打ち込む直前に肩、手首など余分な事前な動きを見せないようにしましょう。ノーモーションでいきなり打ち込む、という練習を繰り返しましょう。

スマッシュはアッパーとフックの丁度中間あたりの軌道を通ることから、打ち込む前の構えとしては、通常のジャブを打つガードの位置よりも大分下がった位置にしていなくてはなりません。

頭部が半分がら空きになっていますので、常に相手のパンチを目で意識してスウェーバックやダッキングなどでいつでもかわせる状態にしていなくてはなりません。

そのため、スマッシュを打つ前の構えを維持しながら、このディフェンスの練習が重要になります。

スマッシュは打ち込んだあと、相手に上手く当たれば良いですが、外した場合バランスが崩れやすいので、シャドーボクシングの状態でスマッシュを打ち込んだあと、バランスをしっかり保つことを意識する練習もするようにしてください。

この一連の練習メニューを繰り返すことでボクシングにおけるスマッシュの上達が図れます。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ