ボクシングの右ストレートが上達する練習メニュー

ボクシングにおいて右ストレートは、パンチの中で最も基本的な技であると同時に、「最後の決め技」とでも言うべき、かなり重要なパンチです。

それだけに、上達のためにはきちんとしたフォームを身に付け、正しく練習していく必要があります。


1.右ストレートは最も基本の技

右ストレートは、振りかぶらないで構えた姿勢から、目標めがけて最短距離で打つパンチです。

そのため、何よりもスピードとフォームが重視されます。

パンチを打ったら終わりではなく、打った道をそのまま通るように素早くパンチを引いて基本姿勢に戻ります。

フックやアッパーなどの次の技の練習へ進む際にも、ストレートでフォームがきちんと習得できていることは、非常に重要なポイントとなってきます。

多少ボクシングの練習を積むと「ストレートは簡単だからもう覚えた」と思う方も多いでしょうが、今一度その基本を見直してみることが、その後ボクシングの上達に繋がっていきます。


2.手だけでなく、体重移動を大切に

右ストレートは、手の力だけで打つパンチだと思っていませんか。

実は手だけに頼って打つと、強いパンチは打てないのです。

強いパンチを打つために大切になってくるのが、体重移動です。

右ストレートを打つ時には、右手で打つと同時に踵の浮いた右足を内側に捻り、腰を左に回転させるのがポイントです。




この時に、重心をしっかりと左足に移動させることを忘れないでください。

これらを意識することにより、体重の乗った強いパンチが打てるようになるのです。

鏡の前でフォームを確認しながら、何度も反復練習を行っていきましょう。


3.下半身の強化を

さて、腰を回転させながら重心移動を行うということは、必要になってくる要素は何でしょう。

それは、ボクシングのパンチ全般に共通することでもありますが、「下半身の強さ」です。

重心を左足に移動させる時には、音が出るくらい、床を思い切り踏み込みましょう。

ここで踏み込みが中途半端に甘くなってしまうと、左足に充分に体重が乗り切らず、その結果重心がずれてバランスを崩してしまいます。

これでは、当然ながら強いパンチは打てません。

強いパンチを打つためには、手の力だけではなく、下半身の強さも重要となるのです。

その下半身を強化し、上達に繋げていくためには、走り込み、縄跳びなど、ボクシングの基本的な練習が大切になります。

いかなる時でも基礎をおろそかにすることなく、更なる上達を目指していきましょう。

ちなみに、ここでの説明は「オーソドックス」、つまり「右構え」を基準としてあります。
「サウスポー」つまり「左構え」の場合は、左右を逆にして考えて頂ければと思います。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ