ボクシングのストレートが上達する練習メニュー

ここではボクシングのストレートが上達する練習を紹介します。
ストレートのパンチはボクシングの基本で、ボクシングを始めた人が誰しも最初に教わるパンチですが、左右のストレートだけでも、極めれば十分世界で通用してしまうくらい奥が深いものです。
練習を繰り返し、しっかりマスターしましょう。


1.ストレートの打ち方

ストレートはボクシングにおいて最も基本的なパンチで、目標に向かって最短距離をまっすぐに打ち抜くパンチです。
ストレートを単発で打つことは稀で、ジャブの後に繋げるワンツーを打つことが多いでしょう。

まず、基本の構えから右足で地面を蹴ります。
膝、腰、肩を連動させながら回転させ、腕を伸ばします。
最後に、インパクトの瞬間に手首を返し手の甲を上に向けて、拳で打ち抜きます。
打った後は素早く元の構えに戻ります。

肩の高さからまっすぐに打つことと、上体が左右に流れなように注意しましょう。


2.ストレートの練習

ストレートの練習は、シャドーの中で行っていきます。
パンチの軌道が正確か、上体が流れていないかなどに注意しながら行いましょう。

ストレートも、まずは鏡の前でシャドーを行い、モーションをチェックすることから始めます。
主な注意点としては、ストレートを打った時の目線、ガードの位置、パンチの軌道、下半身との連動などです。




ストレートを打った際、腰の回転と共に頭部も左右に動いてしまうことがあります。
しっかりと前を見据え、目線は前方から逸らさないように注意しましょう。

また、このときストレートを打つ側とは反対の手をしっかりと顎もとにおいておくようにしましょう。
ストレートを打った際に、反対の手の脇が開いてしまうことも注意が必要です。
脇が開くことで力がパンチにうまく乗らなくなってしまうのです。

ストレートを打つ際に特に重要なのが下半身の使い方です。
右足で地面を蹴る、膝と腰を回転させる、腕を伸ばし打ち抜く、この一連の動作をスムーズに行うことがストレートのポイントです。
上半身だけでストレートを打とうとすると、上体が流れてしまったり、パンチの軌道が曲がってしまったりします。
特に、下半身を安定させパンチにしっかりと体重を乗せることが上達のコツです。
体重の乗せ方ですが、ストレートを打った状態の体勢のまま重たいものを押すイメージをしてみてください。
右足で地面を蹴り、下半身がしっかりと踏ん張った状態になっていると思います。
ストレートを打った瞬間にその体勢をとれているのが理想です。

モーションが身に着いたら、シャドーでのストレートの動きをサンドバッグを叩くなどして確認していきます。

サンドバッグの向こう側まで衝撃が伝わるように、しっかりと打ち抜くように打ちましょう。
ただし、バッグを押し込んでしまわないように一つ一つのパンチをしっかりと切るように意識しながら練習します。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ