インファイターに向いている人 | ボクシングのファイトスタイル

ここではボクシングのスタイルの一つである、インファイターについて紹介します。
最近ではインファイトとアウトボクシング、両方を器用にこなせるボクサーファイターの選手を多く見るようになりインファイトしかしない選手というのはあまり見かけなくなりました。
どちらのスタイルでボクシングをするにしても、まずはスパーリングなどの対人練習を行い、自分の得意な距離を掴むことから始めると良いでしょう。


1.インファイターとは

インファイターはその名の通り、相手との距離を潰し、接近戦を仕掛けるのが得意な選手のスタイルを指します。
どちらかというとスピードよりパワーを重視したスタイルで、KO率も比較的高いのが特徴です。

近付いて打つという、一見単純に思えるスタイルですが、一気に距離を詰める瞬発力や、接近戦で相手のパンチを捌き切るディフェンス力など、多くの技術を必要とします。
常に相手のパンチが当たる距離で闘うため、被弾も多くなるので、相応の打たれ強さも必要になるでしょう。

これらは一朝一夕で身につくものではなく、日々の練習の積み重ねによって、徐々に培われ上達するものです。
努力を怠らないように頑張りましょう。


2.インファイターに向いている人

スパーリングなどの対人練習で、打たれても前に前に出ることをやめず、しつこい粘り強さを見せる人は、インファイターに向いていると言えるでしょう。




インファイターにとって最も重要なのは、この前進をやめない勇気と粘り強さです。
スパーリングや試合で、打たれても臆せず前に出ることはなかなかできることではありません。
この勇気と、距離を潰しパンチをまとめるという流れを、何度も何度も粘り強く続け、自分のペースに相手を引きずり込むしつこさが、インファイターの最大の武器と言えるでしょう。


3.インファイトの練習

インファイトの練習は主に、一気に距離を詰めることと、常にダッキングやウィービングで頭を動かし続けること、そして相手を捕まえた際にパンチをまとめることの3つに重きを置いて行います。

シャドーでも常に頭を動かし、前に出続け、大きく踏み込みながら打つように意識して練習します。

サンドバッグを叩く際は、上下の打ち分けやパンチに強弱の緩急をつけることに注意しながら行い、ラウンドの中で何度か、ラッシュをかける時間を作って練習します。

常に腰を落とし重心を低く保つため、慣れないうちは太腿がパンパンになるでしょうし、インファイトでの連打はスタミナの消費も激しく感じるでしょう。
そのファイトスタイルと同様に、努力をひたすら粘り強く繰り返し、ボクシングの上達のため頑張りましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ