ボクシングの試合前に取り入れたい練習メニュー

ここではボクシングの試合前の練習を紹介します。
試合に向けて気合の入った質の良い練習と、十分な休養でコンディションを整え、試合に勝てるように上達するため、頑張りましょう。


1.試合前の練習

試合前の練習と一言に言っても、試合までどのくらいの期間があるのかによって練習内容は変わってきます。
ボクシングの試合では、各階級ごとに体重制限がありますので、減量中か否かによって練習内容が変わるのです。


1-1.減量に入る前の練習

ボクシングの試合は大体2~4ヶ月前に組まれることが多いです。
減量期間に入るのを試合の約1ヶ月半前と仮定した場合、それまでの期間は練習内容を普段より濃くすることが多いです。

例えば、1週間のうちにスパーリングを多く行ったり、トレーナーとのミット打ちを普段よりハードにしたりなどして、試合に勝てる技術の上達と体力を作るのです。

このとき注意したいことは、しっかりと食事を摂ることです。
試合に向けて体重が気になる気持ちはわかりますが、せっかく質の良い練習を行っても栄養が不足してしまっては体力もつきません。
過度に食べ過ぎるのも良くありませんが、適度にバランスの良い食事を摂るよう心掛けましょう。





1-2.減量期間中の練習

試合前、どのくらいの期間に減量を開始するかは選手によって様々ですが、多くの場合1~2ヶ月前から緩やかに体重を落とし始めます。

減量中は手数を多くしたり、いつも以上にハンドスピードを上げるようにするなど、とにかく汗を出すことを意識した練習を行うと良いでしょう。

また、疲労を蓄積させないよう、ストレッチを念入りに行ったり、十分な休息を心掛けると良いでしょう。
減量中は普段の練習やスパーリングなどで、いつもより身体が重たく感じたり、思ったように動けないことがあります。
かといってこの減量の期間中にオーバーワークをしてしまっては一層身体に負担がかかってしまいます。


2.試合に勝つために

ボクシングの試合に勝つためには、やはり普段の練習の積み重ねが不可欠です。
試合が決まってから慌てて練習をしてもあまり上達は望めませんし、普段からロードワークを怠っていると、試合中はおろか試合に向けたスパーリングでさえスタミナ切れを起こすでしょう。

ボクシングはハードなスポーツですので、自然と練習も過酷なものになります。
ですがその練習をこなしてきたという自信が、試合中に大きな武器になるのです。
強くなるため、そして試合に勝つために、普段から練習を怠らないよう努力しましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ