ボクサーのための減量中の食事の取り方

ここではボクサーの減量や、減量中の食事に関して紹介します。
ボクサーは試合に合わせて減量を行い、減量中は食事や水分の摂取を制限しますが、無理な減量をすると体調を崩し試合どころではなくなってしまいます。
減量はボクサーにとって、ボクシングの上達と同等に重要な要素ですので、無理なく計画的に体重を落とせるように、ある程度の知識を持っておくと良いでしょう。


1.ボクサーの減量

ボクシングは試合をする選手間に、体格による有利不利をなくすため、細かく階級分けがされています。
そのためボクサーには、自分が試合を行う階級の規定体重まで体重を落とす必要があるのです。

ボクサーのイメージとして、試合や練習をする姿と同等に、きつい減量をするという印象が強いと思いますが、彼らも年がら年中食事を制限をしているわけではありません。

暴飲暴食を控えたり、過度な糖質を節制するのはもちろんですが、減量期間外ではハードな練習に耐えるため、食事量は一般の人よりも寧ろ多い方でしょう。
普段の食事からバランスよく栄養を摂ることで、試合や練習をこなしボクシングを上達させるための肉体を作っていくのです。


2.減量の仕方

減量はダイエットと似て非なるもので、言い換えるなら減量は不健康なダイエットと言えるでしょう。
ダイエットでは体重を落とし、それを維持するために無理な絞り方はできませんが、ボクサーの場合は試合前日の計量日に、体重計に乗った数秒間だけ規定より下回れば良いだけなので、少々過酷な方法を取ることもあります。




長い期間をかけてじわじわと体重を落とすのですが、最後の3日~最大1週間程度、水分の摂取を控えることで一気に体重を落とします。
人体の60%は水分なので、これを制限することで体重がガクッと落ちるのです。

計量直前の水分制限のほかには、炭水化物を控えるようにします。
野菜や赤身の肉や魚など、特にアミノ酸を多く含んだ食料を取り、炭水化物は必要最低限に抑えます。

人によっては食事のカロリーよりも、グラム数で制限することもあります。
練習後に体重を測り、どれだけの量を摂取して大丈夫かを計算して食事をするのです。


3.自分に合った減量方法

自分に合った減量方法は、人によって様々です。
計量日前にガクンと落とし、試合当日までにまた急激に体重を上げる選手もいれば、じわじわと長いスパンで落とす選手もいますし、食事量をカロリーで計算するか、グラム数で計算するかの違いもあるでしょう。

自分に合った減量方法の見つけ方ですが、こればかりは経験しかないでしょう。
先輩の選手やトレーナーの意見を参考にするのは良いことですが、第三者の方法をそっくりそのまま実行するのではなく、試合ごとに減量の経験を重ね、自分なりの感覚を掴んでいくのが一番です。

無理な減量で調整失敗してしまい、肝心の試合で実力を発揮できないとなっては目も当てられません。
減量はあくまで試合をするための準備であり、減量がボクサーの目的ではないことを忘れないようにしましょう。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ