ボクシングの減量で空腹に耐える方法

今回は、ボクシングの減量で空腹に耐えるコツを解説していきます。
減量法上達のためにも、参考にしてください。

1.食事制限による空腹

まず、ボクシングは試合で相手と戦いますが、その前に減量では食事制限をして人間の3大欲求の1つである食欲と戦います。

多くの選手は「試合よりもどんなにつらい練習よりも減量が1番辛い」と言います。

それほど、空腹との戦いはつらいです。

食事制限をしていると、常に食べ物のことしか考えられないようになってしまいます。

頭の中はラーメンや焼肉、寿司などのことでいっぱいになってしまい、空腹で夜も寝られないような状態になります。

ですが、このような生活が続くと次第になれてきて、お腹もあまり空かなくなります。

しかし、大体そのくらいのタイミングで水抜きが始まります。

すると今度は、コーラやお茶、ついには味噌汁までもが恋しくなります。

そんな減量生活を、ボクシング選手は送っているのです。

2.空腹に耐える方法

空腹から逃れるためには、食べ物を食べるしかありません。

ですが食べるわけにはいかないので、せめて空腹を紛らわす方法を考えていきましょう。

1. 炭酸水を飲む

水抜き期間中はできない方法ですが、そうでない期間であれば炭酸水を飲むことをおすすめします。




炭酸水を飲むことによって胃が膨らみ、それを脳が食べ物を食べたと錯覚するので空腹が和らぎます。

ですが、コーラなどはカロリーが高いので、砂糖が入っていないただの炭酸水がいいでしょう。

2. 歯磨きをする

空腹の時は、口の中が空腹でネバついてきます。

なので、歯磨きをして口の中をさっぱりさせることで食欲が減退していきます。

気休め程度にしかなりませんが、ぜひやってみてください。

また、外出先ではミントタブレットやガム、マウスウォッシュなどもおすすめです。

3.他のことに意識を持ち込む

空腹だとどうしても食べ物のことばかり考えてしまい、余計お腹が空いてしまいます。

なので、他のことに意識を集中させて空腹を忘れてしまいましょう。

基本的にじっとしていると忘れられないので、軽く体を動かすといいでしょう。

ランニングをしながら音楽を聴いたりしているとすっきりしますよ。

3.まとめ

ボクシングをしているとどうしても減量にとる空腹とも格闘しなければなりませんが、それを少しでも紛らわせる方法を知ることで楽になり、減量法も上達します。

ストレスがたまりすぎると体調などにも影響を及ぼしますし、なるべくスムーズに減量生活を送りたいです。

どんな時も、試合で勝っている姿の自分を想像ましょう!

この記事が、空腹と戦うみなさんの手助けになれたらと思います。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ