ボクシングの減量スケジュールの解説

今回は、ボクシングの減量スケジュールを紹介していきます。

減量法上達の為にも、ぜひ参考にしてください。

1. 減量開始から計量1週間前のスケジュール

ボクシングの減量は、大体試合の3週間前から1ヶ月前に開始する人が多いです。

短期間に大幅な減量をしてしまうと、体力的な影響が試合に出やすいのでなるべく長期間で行った方がいいです。

最初のうちは、食事内容を見直して少し量を減らす程度で大丈夫です。

ダイエットなどでもそうですが、減量はカロリーを抑えるのが基本です。

味付けが濃いものを食べず、ヘルシーな食事をとるようにしましょう。

基本的にチョコレートやスナック菓子などは食べないようにしましょう。

また、脂肪を落とすためにも炭水化物は控えた方がいいですが、筋肉量を維持するためにも適度に食べた方がいいです。

体重(ポンド)×1グラムの炭水化物を1日に摂取することで、体脂肪を落とし筋肉を維持することができます。

ボクシングジムでのハードな練習もあるので、最初のうちはもう少し食べてもいいかもしれません。

食事メニューとしては、朝昼と炭水化物を含んだヘルシーな食事をとってトレーニングにそなえて、夜はたんぱく質を中心とした食事をとるといいです。

たんぱく質は、鳥のささみや納豆、豆腐などから摂取するといいでしょう。




2. 計量1週間前からのスケジュール

計量1週間前には、リミット2キロくらいまで体重を落としておくのが理想です。

それよりも大幅にオーバーしている場合は、減量のペースを上げなければなりません。

さて、この期間からは水抜きが始まります。

食事量も減らし、塩分の摂取も控えるようにしましょう。

また、この時期からはボクシングジムでの練習も緩くなり、体力回復とコンディション調整を行います。

ですので、ハードなランニングや筋肉トレーニングなどはなるべくしないようにしましょう。

計量2日前くらいからは、汗や唾を出して体内の水分を減らす水抜きを始める人もいます。

少し余裕を持たせつつも、計量を契約体重ジャストで終えられるように調整をしましょう。

3.まとめ

減量を効率的に行うためには、スケジュールをしっかりとたてることが重要です。

減量法上達の為にも、最高のコンディションで試合を迎えられるようなスケジュールをたてられるようにしましょう。

また、スケジュール通りに減量を進めるためにも体重は1日に最低3回は測るようにしましょう。

減量もまた、ボクサーの仕事の1つです。

減量を効率よく、無駄なく行うことで最高のコンディションで試合を迎えられるようにしましょう!







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ