ボクシングの短期間での減量法

今回は、ボクシングの短期間での減量法を解説していきます。

減量法上達の為にも参考にしてください。

1.短期間での減量のメリット

では、ボクシングの試合に向けて短期間で減量することのメリットは何でしょうか。

まず挙げられるのは減量で苦しむ期間が短くて済むということです。

減量は、一般的には試合の3週間前から1ヶ月前頃から始めます。

1ヶ月間も好きなものをお腹いっぱい食べられないのは正直辛いですよね。

また、例えば1年間に4回試合をするとしたら年間で4ヶ月間もの間減量生活を送ることになります。

ですので、試合1週間前頃からの短期間で減量を行うことで食事制限による苦しみを時間的に軽減できます。

2.短期間での減量のデメリット

では反対に、短期間で減量を行う事にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まずは体力的な影響です。

基本的に、短期間で一気に体重を落としてしまうと食事制限や水抜きによる疲労の蓄積量が試合のタイミングでピークを迎えてしまいます。

ですので体力的には長期間で少しずつ体重を落としていく方がいいですし、試合1週間前ごろから練習を軽くして体力の回復期間を設けるのでそのタイミングでキツイ減量を行うよりはそれまでにある程度体重を落としておいた方が試合に向けてコンディションを整えられます。

また、短期間で一気に体重を落とすことは体にも大きな負担をかけてしまいますので、何10年後かに体に影響が出てくる可能性が高いです。




ですので、ボクシングの試合でのパフォーマンスのことを考えると減量はなるべく長期間で行った方がいいです。

ですが、やはり精神的にも辛い部分はあるのであくまで自分自身でいいと思う方を選択していけばいいと思います。

3.短期間での減量方法

短期間で減量を行う場合は食事を必要最低限しかとらず、契約体重にもよりますが水抜きでもかなり多くの水分を抜かなければなりません。

まず食事ですが、全く食べないでいると体の代謝が悪くなり逆に体重が落としにくくなってしまうので少量でも食べた方がいいです。

炭水化物は本当に少量、たんぱく質源となる鳥のささみなども少量食べた方がいいでしょう。

あとは野菜です。

あくまでも体重を落としつつもバランスを意識して試合でベストなパフォーマンスが出来るようにしましょう。

また、試合1週間前からは塩分の摂取を控えましょう。

塩分の摂取を控えることで体に水分がたまりにくくなりますので水抜きのためにも気をつけてください。

減量法上達の為に、食事のバランスについて考えてみましょう。

サウナなどでの水抜きを行う場合は計量の1日前からがいいでしょう。

契約体重に合わせて汗を出す量を計算しましょう。

4.まとめ

短期間での減量はたしかに楽かもしれませんが、プロとして試合で戦う以上は試合でベストなパフォーマンスをしなければなりません。

その点も踏まえて、よく考えてみてください。







ボクシングが驚くほど上達する練習教材

ボクシングが驚くほど上達する練習教材

✓こんなに練習しているのに全然上手にならない
✓自分がどうやったら上達できるかわからない
✓厳しい練習をしているのに試合で勝てない


そんなアナタにおすすめなのが、 「ボクシングが驚くほど上達する練習教材」です。

ボクシングが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にボクシングが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のボクシングが上達する練習教材を紹介します。


  • ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD



    ボクシング上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 現役ボクシングの選手から、ボクシングのプロを目指す人、ケンカが強くなりたい、もっと強くなりたい人 のために開発されたボクシング上達教材です!

    史上2人目の三階級王者「前田宏行」氏がついに明かすボクシング上達の極意が詰まっています!

    しかも、3ヶ月以内にボクシングが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ